青の花茶 バタフライピーの効果

Pocket

青の花茶について

青の花茶はFABIUS(ファビウス)から販売されているダイエットティーです。

ストレスフリーで心とカラダを理想の状態にして我慢しないで続けられるとして、モニターで使用した人たちの満足度はなんと92.6%!

「青の花茶は我慢しなくていいか続けられる!」と今注目されています。

青の花茶1
ブランド FABIUS(ファビウス)
商品名 青の花茶
商品価格
(公式サイト限定)
980円(ラクトクコース)~
※毎月300名限定!なくなり次第終了になります。
公式サイト https://aonohanacha.jp/

原材料はタイ原産のバタフライピーという花を乾燥させたもので美容大国のタイで多く老若男女に関わらず若さを保つために愛飲している青い花のハーブです。

タイでは青の花茶をアンチャン茶という名前でも呼ばれおり、美容業界でも話題になっているバタフライピーをブレンドした天然のオリエンタルブルーのお茶は甜茶(てんちゃ)が成分と配合されていて、ほんのり甘いのが特徴

その名の通りキレイなオリエンタルブルーで、見た目にもオシャレで、職場で普通に飲んでいてもダイエットをしてるとは気付かれずにダイエットができます♪

青の花茶2

青の花茶の効果に注目!

青の花茶が注目されている理由は、ダイエットティーで配合成分の効果でダイエットができることはもちろんですが、青の花茶が注目を浴びているのはダイエット効果でけではありません。

青の花茶は太る原因のストレスにも効果的

ダイエットをしたことがある人なら分かるはずですが、ダイエットをしているときってイライラしますよね?

ダイエット中のストレス理由

最初は我慢できてたけどイライラが止まらず肌が荒れたり、体調を崩して落としたはずの体重が元に戻ってしまう…「ストレス太り」です。

ストレス太りの原因としてよく言われるホルモンバランスの乱れ…このホルモンバランスのさらに前にある原因が…そう、ストレスです。

ストレスを抱える女性

ストレスは脳の知的活動をつかさどる「大脳新皮質」と、生存欲求を支配している「大脳旧皮質」とに分かれています。

この2つの指令をうけて、自律神経中枢のある「間脳」が両者のバランスを取り、はじめて心とカラダは正常に機能します。

例えば、ダイエットのとき、「大脳新皮質」は「食べちゃダメ!」と指示をだしますが、「大脳旧皮質」は本能に従って「食べたい!」と訴えかけてきます。

ここで無理をして食欲を我慢してしまうと間脳がパニックを起こし、バランスが崩れて脳がストレスを感じてしまいます。

青の花茶はこのストレスをバタフライピーと4種類のハーブで緩和することで、太る原因の解消からダイエット成功をサポートしてくれます。

青の花茶公式:https://aonohanacha.jp/

青の花茶の効果はダイエット以外にも!

青の花茶はストレス太りの原因からダイエットサポートしてくれるほかにも、現代社会ならではの「カラダのストレス」にも効果が期待されています。

眼精疲労

青の花茶 眼精疲労への効果
PC作業やスマホのなど画面を見続ける事が多い現代人が抱える、目にストレスが掛かることで起きる眼精疲労にも、青の花茶は効果が期待できます。

青の花茶の成分のバタフライピーは目に効果があるブルーベリーの約4.2倍のアントシアニンが含まれていて、このアントシアニンは目の網膜の紫色の色素で「何か目がズキズキする」「なんか目が重たい…」といった目の疲れ、視力回復のも効果があるとされ、青の花茶を飲むことで目にリラックスとアントシアンへの目の効果が眼精疲労を和らげてくれます。

寝付きの悪さ

青の花茶 寝付きの悪さへの効果
青の花茶はノンカフェインなので、寝付きがよくない夜にホットで青の花茶を1杯飲むとハーブの香りでリラックスして寝付きがよくなる効果も期待できます。

青の花茶には甜茶やアマチャヅルが配合されていてストレスと緩和の効果があるので、寝付きが悪い時に優位にたっている交感神経を落ち着かせて、副交感神経を優位にする事で寝付きを良くしてくれます。

「ダイエット」と目的を限定してしまうと長続きしませんが、青の花茶ならカラダ全体で体質改善の効果が期待できるので「いまの自分にはストレスがある」と思ったら青の花茶を試してみてはいかがでしょうか?

青の花茶公式:https://aonohanacha.jp/

バタフライピーの魅力と効果

バタフライピーの紹介

原材料はタイ原産のバタフライピーという花を乾燥させたもので美容大国のタイで多く老若男女に関わらず若さを保つために愛飲している青い花のハーブです。

とサイトトップでご紹介しましたが、青色にはリラックスや抑制といった色効果があるのでバタフライピーの美しいブルーは見た目でまずイライラを沈めて心を落ち着かせてくれます。

もう一つの特徴は、青の花茶の効果でもご紹介したアントシアニンが豊富に含まれているのも今、注目されている要因です。

アントシアニンについて

ブルーベリーに多く含まれている成分として知られていますが、アントシアニンは目の網膜の紫色の色素で、視力回復や目の健康に大変効果があるされている成分です。

最近の研究では、アントシアニンには脂肪の蓄積するのを防ぐ効果ありダイエット効果も確認されています。

またアントシアニンは抗酸化作用が体細胞が老化していくのを抑制するアンチエイジング効果も期待できるんです!

リラックス+ダイエット効果+αのアンチエイジングが期待できる青の花茶は飲むタイミングが決まっていないのでおやつの代わりに飲む、小腹がすいたら青の花茶を飲む、仕事でイライラした、食事制限が辛くてイライラしたときに青の花茶でリラックスする事ができます。

青の花茶は、類似商品が作りやすいため公式サイト以外ではamazonや楽天でも購入はできませんが、いま初回購入980円からのキャンペーンを実施しているので、気になる人は青の花茶の公式サイトをチェックしてください!

青の花茶公式:https://aonohanacha.jp/

青の花茶の成分

青の花茶に含まれる全成分は5種類で、すべて天然由来の成分を配合しています。

甜茶・蝶豆(バタフライピー)・アマチャヅル・ラフマ・メグスリノキ

甜茶(てんちゃ)

甜茶は抗アレルギー作用があり花粉症にも効果が期待できる成分です。

古くから体質改善などの目的で漢方にも使われていて抗炎症作用もあり、青の花茶のほんのり甘い味わいも甜茶の自然な甘みがあるおかげです。

バタフライピー(蝶豆)

バタフライピー(蝶豆)はタイ原産の多年生植物で、眼精疲労など目に効果があるアントシアニンを多く含んでいて、パソコン作業やスマホの見過ぎで目が疲れた時に血の巡りをよくする効果があり、ダイエット時には血流を良くして代謝アップを促進する効果も期待できます。

バタフライピー(蝶豆)の花
青の花茶の商品名にもなっているように花は青の花で、一見するとアサガオにもにていて暑い地域でも生育できる強い花です。

アマチャヅル

アマチャズル(甘茶蔓)にはストレスを緩和に効果を発揮します。

アマチャヅルの葉
多種類のサポニンと呼ばれる沈静成分を多く含んでいて、その種類の数は
高価な朝鮮(高麗)人参よりも多い70種類以上が含まれていて味は甜茶と同様、お茶にすると甘味があります。

さらには、動脈硬化、ガン予防としても人気!なので肥満防止への効果も期待できます!

ラフマ

ラフマ(羅布麻)は中国原産の植物、昔から葉っぱの部分が健康茶として親しまれてきました。

コレステロールや血圧を下げる効果があり、こちらも抗ステレス作用がありモヤモヤ改善と内臓脂肪を付きにくくする効果があります。

メグスリノキ

眼精疲労・肝臓だけでなく動脈硬化などの予防にも効果的とされており、樹皮、幹、葉、樹木全体が健康成分を含んできる植物です。

名前の通り日本だけに自生する木で、昔の人たちは点眼薬や洗眼薬(現代でいうとアイボン)として樹脂を煎じて利用されていた植物です。

青の花茶の飲み方

青の花茶はティーパックなので、紅茶をのむ時と同じようにティーパックをお湯に入れて待つだけ!

味は好みによりますが、青の花茶の色と味ともにベストなのは3分で、濃いほうが好きという人は5分程を目安にしてください。

下記は青の花茶1パックをティーカップで抽出したときに濃さの比較写真になっているので、購入後の目安としてください!

青の花茶の抽出時間の目安

抽出時間と色の目安

青の花茶の匂いはというと、バタフライピーがうっすら香り、薄めのハーブティーのようで匂いだけでもリラックスできます。

青の花茶(ホットティー)

寒い時期はあったかいホットが嬉しいですが、あつい夏なんかはスッキリ冷やしてのむ事もできます。

青の花茶のパッケージでは150mlに対してティーパック1つと記載がありますが、500mlでもそれほど薄くなったという感じはしません。

なので、朝の出勤前に青の花茶をティーポットで作って、水筒に氷と一緒にいれれば外出先でも飲むことができます♪

青の花茶(アイスティー)

どうしても作る時間がない場合は、青の花茶は独自製法によりタンニン控えめに作られているので、500mlぐらいのタンブラーに青の花茶のティーカップ1つと水を一緒にいれて出掛ければ移動中に抽出できて、タンニン独特の渋みもおさえられるのでオススメです。

持ち出し時の説明

飲むタイミングがいつがいい?

ダイエット商品と聞くと「飲むタイミングのベストはいつ?」という疑問をもつ人がいますが、青の花茶はいつ飲んでも大丈夫です。

青の花茶を飲むタイミング

タイミングが効果を生むのではなく、成分が作用するので、お腹がへったと思ったら青の花茶を飲む、職場でイライラする事があったら青の花茶でリラックスのように、タイミングを気にせず飲んでも天然成分を使用しているので副作用もないので大丈夫です。
※体質・体調によりごく稀に胃腸に違和感がでる場合があります。

タイミングよりも重要なのは、毎日続けて飲み続けることです。

ダイエットを考える人は、すぐに効果を出すのに必死になりますが人間のカラダは繊細なので、急な変化についていけず体調を崩したり、ストレス太りしてしまったりします。

痩せて、なおかつ太りにくいカラダを作るには、ゆっくり少しずつ体質を変えていくのがベスト…まず青の花茶は3ヶ月は続けてみないと効果はわかりません。

青の花茶では、ゆっくり続けて太りにくいカラダが作れるように「ラクトクコース」があり、単品で買い続けるよりもオトクなプランがあるので、まず3ヶ月は続けてみてください。

タイミングについても、問い合わせすれば届く間隔も購入後でも相談にのってくれます。

青の花茶の飲み方アレンジ

「どんなに効果があっても同じ味で飲み続けるのは飽きちゃう…」という事もあると思うので青の花茶のアレンジメニューをご紹介しておきます!

味の好みは材料によって変わると思いますが、ここでは当サイトで実際におこなったアレンジの中でよかった3パターンを掲載します。

青の花茶+豆乳

ソイミルクティー
グラスに濃いめにいれた青の花茶を少量いれて豆乳でわってください。
豆乳の甘さと、青の花茶の甘さがバランスよく口でひろがってミルクティーのような感じの美味しさがあるので、ちょっとリラックスしたい時におすすめの飲み方です。

青の花茶+生姜(ショウガ)

ジンジャーティー
寒い時期や、ダイエット効果を高めたいときや冷え症の人にオススメのアレンジ!

すり下ろしたショウガを小さいスプーン半分ぐらい青の花茶に入れて、電子レンジで軽くチンするとカラダがポカポカになります。

冷え症の人はもちろん寝付きが悪い人も、青の花茶はノンカフェインなので寝る前に飲むとリラックスして安眠できます。

まとめ

青の花茶は太るそもそもの原因のストレスを緩和しながらゆっくりダイエット成功をサポートして体質改善していくダイエットティー。

ストレスフリーに心身ともに理想の状態にする事ができます。成分はバタフライピーをベースに、すべて天然由来のものを配合しているので副作用や体調を壊す心配もありません。

これからダイエットをはじめようと思っている、前に失敗してしまったという人は、青の花茶公式サイトからの購入で初回980円からスタートできるのでまずは3~4ヶ月続けてみてはいかがでしょうか。

青の花茶特別キャンペーン情報!

今、青の花茶公式サイトで毎月300名限定でラクトクコース初回980円の特別キャンペーン中です!

送料無料にくわえて、安心してはじめてもらえるように30日間返金保証付きで販売しています。ほかにもお得な特典がついていて、もちろん2ヶ月目以降もお得につづけられます^^

青の花茶のキャンペーンの詳細は公式サイトから!

青の花茶特別キャンペーン
公式サイトはこちら

姉妹サイト紹介

青の花茶について以外にも美容・健康に関連したサイトを運営しています^^
ご興味のある方は、こちらのサイトもよろしくお願いします!

スキンケア:エマルジョンリムーバーの情報

ボディケア:ミーモのバストアップゼリー情報

Pocket